指定保税工場

税関長が、保税作業の性質、製造歩留まり等を勘案して取締り上支障がないと認めて、保税作業により製造される製品及び原料品である外国貨物を特定して指定された保税工場。指定保税工場の指定を受けた保税工場については、保税作業の届出などの手続が簡易化されている。

参照条文:関税法第61条の2

出所:日本関税協会