通関業務

通関業者が他人(輸出入者等)の依頼によってする事務で、通関手続、不服申立て又は税関官署に対してする主張若しくは陳述の代理又は代行及び通関書類の作成をすること。弁護士、弁理士等が行う場合を除き、通関業の許可を受けた通関業者のみが業として行うことができる業務であり、通関業者の独占業務とされている。

参照条文:通関業法第2条、第3条第5項

出所:日本関税協会