輸出差止申立て

特許権者、実用新案権者、意匠権者、商標権者、著作権者、著作隣接権者若しくは育成者権者又は不正競争差止請求権者が、自己の権利又は営業上の利益を侵害すると認められる貨物について、いずれかの税関長に対して、当該貨物が輸出されようとする場合に、その輸出を差し止めて認定手続を執るべきことを申し立てること。

参照条文:関税法第69条の4第1項

出所:日本関税協会