破産手続開始の決定

破産手続開始の申立てがあった場合において、破産手続開始の原因(債務者が支払不能又は債務超過にあること)となる事実があると認められるときに、裁判所が行う決定。

参照条文:破産法第30条、通関業法第10条第1項第3号

出所:日本関税協会