違約品

品質又は数量等が契約の内容と相違する貨物。

参考項目:戻し税
参照条文:関税定率法第20条第1項第1号

出所:日本関税協会

関税定率法第20条第1項第1号
(違約品等の再輸出又は廃棄の場合の戻し税等)
第二十条 関税を納付して輸入された貨物のうち次の各号のいずれかに該当するものでその輸入の時の性質及び形状に変更を加えないものを本邦から輸出するとき(第一号又は第二号に掲げる貨物にあつては、返送のため輸出するときに限る。)は、当該貨物がその輸入の許可の日から六月(六月を超えることがやむを得ないと認められる理由がある場合において、政令で定めるところにより税関長の承認を受けたときは、六月を超え一年以内において税関長が指定する期間。次項において同じ。)以内に保税地域(関税法第三十条第一項第二号(外国貨物を置く場所の制限)に規定する税関長が指定した場所を含む。次項、第四項及び第五項において同じ。)に入れられたものである場合に限り、政令で定めるところにより、その関税を払い戻すことができる。
一 品質又は数量等が契約の内容と相違するため返送することがやむを得ないと認められる貨物