許可

法令によって一般的に禁止した上で、特定の場合についてこの禁止を解除し、特定の行為、事業、業務などを適法にすることができるようにする税関長などの行為や処分をいう。貨物を輸出入することや保税蔵置場の業務を営むことなどは、本来は、自由にできるはずのものであるが、公共の福祉の維持、増進というような行政上の必要性から、法令によって一般的に禁止されているものがある。

参照条文:関税法第42条、第67条、通関業法第3条第1項

出所:日本関税協会