信用状(Letter of Credit 、L/C)

貿易取引は、外国の取引相手との間に行われる売買であり、常に輸出貨物代金の回収にリスクがあるが、このリスクを信用面、資金面でカバーするのが信用状である。

信用状は、「売手が信用状で取り決められた船積書類(貨物の確実な船積みを証する船荷証券、輸入地での輸入通関手続に必要なインボイス、保険証券)を買取銀行経由で信用状発行銀行に提出することを条件に、その代金支払を約束する」書類である。また、買手の取引銀行である信用状発行銀行が、「売手が振り出す信用状発行銀行を名宛人とする荷為替手形に対して、その支払を行う」ものである。これらによって、売手は、輸出貨物代金の回収を確実、迅速に行うことができ、一方、買手は、信用状発行銀行から送られた船積書類の呈示を受けて契約貨物が船積みされたことを確認した後に、貨物代金を支払うことができる。

出所:日本関税協会