本船甲板渡し価格

貿易取引条件の一つである契約に係る価格で、一般にはFOB価格と略されている。輸出貨物を輸出通関手続後、輸出港において買手(輸入者)指定の本船に積み込むまでの一切の費用を含んだ額である。関税法においては、輸出申告の際の申告価格として使われる。

参照条文:関税法施行令第59条の2第2項

出所:日本関税協会

関税法施行令第59条の2第2項
(申告すべき数量及び価格)
第五十九条の二 第五十八条第一号又は前条第一項第一号に掲げる貨物の数量は、財務大臣が貨物の種類ごとに定める単位による当該貨物の正味の数量とする。
2 第五十八条第一号に掲げる貨物の価格は、当該貨物の本邦の輸出港における本船甲板渡し価格(航空機によつて輸出される貨物については、これに準ずる条件による価格とし、無償で輸出される貨物については、当該貨物が有償で輸出されるものとした場合のこれらの価格とする。)とし、前条第一項第一号及び第二項に掲げる貨物(特例申告貨物を除く。)の価格は、当該貨物の定率法第四条から第四条の九まで(課税価格の計算方法)の規定により計算される課税価格に相当する価格とする。