スポンサーリンク

輸入承認及び輸入割当ての特例

輸入の承認、輸入割当ての対象とされている貨物であっても、少額取引、取引の性質、外交上の理由、人の入国等に伴うもの等、その特殊性から輸入規制の対象とする必要がないとされるものについては、経済産業大臣の輸入の承認及び輸入割当てを要しないこととする扱い。

参照条文:輸入貿易管理令第14条

出所:日本関税協会

タイトルとURLをコピーしました