事後調査

輸入貨物の通関後における税関による税務調査のこと。輸入された貨物に係る納税申告が適正に行われているか否かを事後的に確認し、不適正な申告はこれを是正するとともに、輸入者に対する適切な申告指導を行うことにより、適正な課税を確保することを目的として実施している。輸出貨物に係る事後調査もある。

参照条文:関税法第105条第1項第6号、第4号の2

出所:日本関税協会