被害額

被害を受けた設備や施設等の被害金額であり、過去の購入時の価格(簿価)に相当するもの。広義には、施設等の物的被害や従業員等の人的被害、機会損失等による間接被害を金銭換算したものが被害額になる。復旧で設備や施設を再調達する場合には現状の価格になるため、復旧費用は被害額よりも大きくなる場合が多い。
出典:中小企業庁