減価償却

施設や設備等の資産の価値が、使用年数が経過するにつれて減少するという会計上の考え方のこと。これらの資産は減価償却資産と呼ばれ、会計上は購入した時に全額が必要経費となるわけでなく、使用可能年数(耐用年数)に渡って分割して必要経費として取り扱うことになる。
出典:中小企業庁