スポンサーリンク

共有フォルダ

複数の利用者がアクセスできるように設定したコンピュータ上のディスク領域のこと。現在の Windows では、サーバだけでなく、クライアントでも共有フォルダを作成することができます。共有フォルダは、利用者にとっては便利なものですが、適切な設定を行わずに利用した場合には、ネットワーク上からファイルを参照できてしまうため、情報セキュリティ上のリスクとなることがあります。共有フォルダを安全に利用するには、指定した利用者だけがアクセスできるようにアクセス制限をかけておく必要があります。
出典:国民のための情報セキュリティサイト(総務省)

タイトルとURLをコピーしました