スポンサーリンク

スクリーンセーバー

コンピュータを一定時間操作しなかった場合に表示するアニメーションのこと。 本来はディスプレイでの焼きつき(長時間同じ文字を表示し続けると、画面上に文字の痕跡が残されてしまうこと)を防止するための機能でした。現在のOSに搭載されているスクリーンセーバーでは、元に戻す際に、パスワードの入力を促す機能が搭載されているため、離席中に他人に自分のコンピュータを不正に使用されることを防ぐために利用することができます。
出典:国民のための情報セキュリティサイト(総務省)

タイトルとURLをコピーしました