スポンサーリンク

教科用拡大図書等の作成のための複製

著作権の制限規定の一つです(第33条の2)。弱視の児童又は生徒のために、既存の検定教科書の文字や図形を拡大して、いわゆる「拡大教科書」を作成するために複製する場合の例外です。
【条件】
ア 教科書に掲載された著作物であること
イ 弱視等の児童生徒用であること
ウ 教科書の「全部」又は「相当部分」を複製する場合は、教科書発行者に通知すること。なお、「営利目的」の作成の場合は、文化庁長官が定める「補償金」を著作権者に支払うこと
エ 変形又は翻案も可
オ 「出所の明示」が必要(第48条)
出典:著作権なるほど質問箱(文化庁)

タイトルとURLをコピーしました