スポンサーリンク

権利管理情報

違法利用の監視や著作権契約の電子化等を行うために、「電子透かし」などの方法により、著作物等に付された著作物等、権利者、著作物等の利用許諾条件などの情報のことをいいます(第2条第1項第21号)。権利管理情報は、通常著作物等を複製したり送信したりしても消えることはありませんが、この権利管理情報に虚偽の情報を付加したり、情報を除去し改ざんする行為や、これらの行為によって改ざんされた情報を付加した著作物等の複製物をそのことを知って販売送信等した者は、著作権を侵害したとみなされます(第113条第3項)。また、営利を目的としてこれらの行為を行った者は罰則の対象になっています(第120条の2第3号)。
出典:著作権なるほど質問箱(文化庁)

タイトルとURLをコピーしました