スポンサーリンク

公開の美術の著作物等の利用

著作権の制限規定の一つです(第46条)。一般公衆の見やすい屋外の場所に恒常的に設置されている「美術品」や「建築の著作物」を利用する場合の例外で、以下の場合を除き、自由に利用できることとされています。
【条件】
次のいずれにも該当しないこと
ア 「彫刻」を増製するような場合
イ 全く同じ「建築の著作物」を建設する場合
ウ 一般公衆の見やすい屋外の場所に恒常的に設置するために複製する場合
エ 「美術品」について複製の販売を目的とする場合
オ 慣行があるときは「出所の明示」が必要(第48条)
出典:著作権なるほど質問箱(文化庁)

タイトルとURLをコピーしました