スポンサーリンク

裁判手続等における複製

著作権の制限規定の一つです(第42条)。著作物(公表されたものに限りません。)は、裁判手続のために必要な場合や立法、行政の目的のために内部資料として必要な場合には、その必要と認められる限度内で、著作権者の了解なしに複製することができます。ただし、必ず著作物の出所の明示をしなければなりませんし、著作権者の利益を不当に害することとなる場合は除かれます。

出典:著作権なるほど質問箱(文化庁)

タイトルとURLをコピーしました