スポンサーリンク

実演家の録音権・録画権

実演家の録音権・録画権(第91条)の内容は、利用形態に分けて説明すると次のようになります。
(ア)生の実演
自分の「生の実演」を、ディスク、テープ、フィルムなどに録音・録画することに関する権利です。
(イ)レコードに録音された実演
この権利は、自分の実演が「録音」されたCDなどをコピー(複製)することにも及びます。
したがって、音楽CDなどをコピーする場合には、「著作者」である作詞家、作曲家だけでなく、歌手や演奏家などの「実演家」の了解も必要となります。
(ウ)映画の著作物に録音・録画された実演
いったん実演家の了解(自らの実演が録音・録画されること)を得て、その実演を映画の著作物に録音・録画した場合には、原則として、その実演を改めて録音・録画、放送・有線放送又は送信可能化される(二次利用する)際には、ふたたび実演家の了解を得る必要はありません(ただし、サントラ盤のように映画の著作物から録音物を作成する場合は、例外的に権利が働きます)。これは劇場用映画、Vシネマその他の映像作品については、おおむねこれに該当しますが、実演を放送することについて実演家の了解を得た放送事業者等が製作した放送番組については、その実演を放送等するために技術的に
必要である場合、録音・録画についての実演家の了解を得なくても、その実演を固定(録音・録画)することができるという「例外」があるため、放送番組の二次利用等については改めて実演家の了解を得ることが必要になります。
出典:著作権なるほど質問箱(文化庁)

タイトルとURLをコピーしました