スポンサーリンク

著作者名詐称の罪

著作者名を偽って著作物の複製物を頒布する行為は、著作権法第121条により犯罪となっており、罰則の対象となります。
これは、世人を欺く詐欺的行為の防止の見地、及びこれに付随して著作名義者の人格的利益の保護の見地からによるものです。
出典:著作権なるほど質問箱(文化庁)

タイトルとURLをコピーしました