スポンサーリンク

著作物の例示

著作権法では、次に掲げられているように、著作物の種類を例示しています(第10条)。
○言語の著作物講演、論文、レポート、作文、小説、脚本、詩歌、俳句など
○音楽の著作物楽曲、楽曲を伴う歌詞
○舞踊、無言劇の著作物日本舞踊、バレエ、ダンス、舞踏、パントマイムの振り付け
○美術の著作物絵画、版画、彫刻、マンガ、書、舞台装置など(美術工芸品を含む)
○建築の著作物芸術的な建築物
○地図、図形の著作物地図、学術的な図面、図表、設計図、立体模型、地球儀など
○映画の著作物劇場用映画、アニメ、ビデオ、ゲームソフトの映像部分などの「録画されている動く影像」
○写真の著作物写真、グラビアなど
○プログラムの著作物コンピュータ・プログラム
なお、「映画の著作物」を除き、著作物とされるためには、「固定」(録音、録画、印刷など)されている必要はありませんので、「原稿なしの講演」や「即興の歌」なども保護の対象となります。
出典:著作権なるほど質問箱(文化庁)

タイトルとURLをコピーしました