スポンサーリンク

不当利得返還請求

法律上の原因がないのに、例えば他人の権利を侵害することにより、利益を受けた者に対して、侵害を被った者は、相手方が得た利益の返還を請求することが出来ます(民法第703条、第704条)。著作権等の場合においても、もちろん適用がありますが、実務的には、例えば音楽を継続的に無断利用していた者などに対し請求が行われることがあります。
出典:著作権なるほど質問箱(文化庁)

タイトルとURLをコピーしました