スポンサーリンク

プログラムの著作物の所有者による複製等

著作権の制限規定の一つです(第47条の3)。プログラムの著作物の所有者は、その滅失や毀損に備えてバックアップ・コピーを作成することや、プログラムの機能を向上させるためのバージョンアップ(翻案)を行うことができます。なお、滅失以外の理由で当該プログラムの著作物の所有権を失った場合(他人に譲渡した場合など)には、この規定の適用を受けて作成された複製物は、廃棄しなければなりません。
出典:著作権なるほど質問箱(文化庁)

タイトルとURLをコピーしました