スポンサーリンク

翻訳・翻案等による利用

著作権の制限規定により著作物の利用が認められる場合には、利用に際して以下の通り翻訳、編曲、変形、翻案が行えます。
ア 私的使用のための複製(第30条第1項)、検定教科書等への掲載(第33条第1項)、学校教育番組の作成のための複製(第34条第1項)、教育機関での複製(第35条)については、翻訳、編曲、変形、翻案
イ 図書館等における複製サービス(第31条第1項第1号若しくは第3項後段)、引用(第32条)、試験問題としての複製(第36条)、点字および盲人用録音テープへの複製(第37条第1項若しくは第2項)、時事論説の転載等(第39条第1項)、公開演説等の報道的利用(第40条第2項)、時事の事件の報道のための利用(第41条)、司法・立法・行政目的の複製(第42条)については翻訳
ウ 教科用拡大図書等の作成のための複製(第33条の2第1項)
エ 録音図書等の製作(第37条第3項)
オ リアルタイム字幕の作成(第37条の2)については翻案、翻訳(要約に限る)
出典:著作権なるほど質問箱(文化庁)

タイトルとURLをコピーしました