スポンサーリンク

ワンチャンス主義

実演家の著作隣接権の一つに録音権・録画権がありますが、この権利は、映画の製作時に、自分の実演を録音・録画することを了解した場合には、以後その実演を利用することについて原則として権利が及びません(第91条)。したがって、映画に出演する俳優は、最初の出演契約の際に、例えば映画の二次利用(DVD化、CS等への販売等)について、条件などを取り決めて許諾するかどうかのチャンスがあるという意味でワンチャンス主義という言葉が使われています。
出典:著作権なるほど質問箱(文化庁)

タイトルとURLをコピーしました