スポンサーリンク

ウラン濃縮

ウランに含まれるウラン235の割合(濃縮度)を高めること。ウランを核分裂させると大きなエネルギーが得られることが知られているが、天然ウランは核分裂を起こしにくいウラン238及び核分裂を起こしやすいウラン235から成り、後者は平均で約0.7%しか含まれていない。一般に原子力発電用に用いられるウラン燃料の濃縮度は3~5%、核兵器の製造に用いられるウランは濃縮度90%以上と言われ、濃縮度を高めるためにガス拡散法、遠心分離法といった方法が用いられる。
出典:外務省 日本の軍縮・不拡散外交

タイトルとURLをコピーしました