スポンサーリンク

すずらん

日本の支援によりロシアで建設された、浮体構造型の低レベル液体放射性廃棄物処理施設(Floating Facility to Process Low-Level Radioactive Liquid Waste)。1993年、ロシアによる放射性廃棄物の日本海への投棄が明らかになったことを受け、これを防止するため、日露非核化協力の最初の事業として1996年に建設が開始され、2001年にロシア側へ供与された。ロシア極東ウラジオストク近郊のボリショイ・カーメニ市にあるズヴェズダ造船所に係留され、退役原子力潜水艦の解体により生じる液体放射性廃棄物の処理を行った。処理能力は年間7,000立方メートル。
出典:外務省 日本の軍縮・不拡散外交

タイトルとURLをコピーしました