スポンサーリンク

相互確証破壊

米ソ冷戦時代(1960年代)に提唱された核抑止理論。米ソ両国が、自国の核戦力の非脆弱性(相手の攻撃に対する残存能力)を向上させて相手の先制攻撃から自国の核戦力の一部が必ず生き残るようにし、報復攻撃で相手を確実に破壊できる第二撃能力を確保することによって、核攻撃を相互に抑止することができるとするもの。
出典:外務省 日本の軍縮・不拡散外交

タイトルとURLをコピーしました