スポンサーリンク

弾道ミサイル防衛

弾道ミサイルによる攻撃に対してミサイルやレーザー兵器等で迎撃して防御する兵器システム、もしくはその概念。日本政府は、2003年12月に BMDシステムの整備を決定して以来、その着実な整備に努めてきており、① BMD運用・関連情報を直接、相互、リアルタイム及び常時共有するなど運用協力の強化、②長距離型監視用レーダー(Xバンド・レーダー)及びペトリオット・ミサイル(PAC-3)の配備・運用、③イージス艦搭載型迎撃ミサイル(SM-3)の防衛能力の継続的な強化など、BMDシステム能力の向上などについての日米間の協力が進められている。
出典:外務省 日本の軍縮・不拡散外交

タイトルとURLをコピーしました