スポンサーリンク

欧州共同体設立条約

1951年4月にパリにて署名し、52年7月に発効した欧州石炭鉄鋼共同体設立条約(パリ条約)、57年3月にローマにて署名し、58年1月に発効した欧州経済共同体(EEC)設立条約及び欧州原子力共同体(EURATOM)設立条約(以上ローマ条約)の3条約の総称。93年11月に発効したマーストリヒト条約により「欧州経済共同体設立条約」が「欧州共同体設立条約」と呼称変更されたため、現在ではこちらを意味する場合が多い。(注:欧州石炭鉄鋼共同体設立条約は発効後50年を経過したため2002年7月23日に失効し、同共同体は消滅している。)
出典:EU関連用語集(外務省)

タイトルとURLをコピーしました