スポンサーリンク

リスボン条約

2009年12月1日発効。正式名称は、「欧州連合条約及び欧州連合の運営に関する条約」。拡大したEUが新たな課題に対応する能力を強化することを目的とし、常任の欧州理事会議長の任命、議長国制度の改革、意思決定手続の改善、外交実施体制の強化等を主な内容とする。
出典:EU関連用語集(外務省)

タイトルとURLをコピーしました