ロールプレイ

演劇のように、一人ひとりが役柄(ロール)を決めてその役柄になりきって意見交換をする学習方法です。様々な立場に立つことによって、様々な立場を理解したり、一つの問題をより深く考えることができるようになり、問題解決能力を身につけるのに役立ちます。

出典元:開発教育関連用語(外務省)