首吊り線

読み方:くびつりせん
別表記:カラカサ

首吊り線とは、上昇トレンドにおいて、を開けた下ひげの長いローソク足のこと。

首吊り線は、前日よりも高く寄り付いたものの暴落し、その後、急反発して高値引けしたものである。一般的には、下ひげの長さが実線(始値終値の幅)の3倍以上あるものを首吊り線と呼ぶ。

首吊り線の形は、急反発して終わっているため買いサインと見られることがあるが、酒田五法では、「ここで買うと首吊りもの(=大損する)」としており売りサインになる。

なお、下降トレンドにおいて出現した同様のローソク足を勢力線という。

首吊り線のローソク足例
首吊り線