国税のコンビニ納付

金融機関や税務署の口が開いていない休日、早朝や夜間にも利用できるコンビニ店舗において、国税の納付を可能とするコンビニ納付を平成20年1月に導入した。
これにより、納付額が30万円以下で、コンビニ納付用のバーコード付納付書の送付又は交付を受けた納税者であれば、従来の金融機関のほか、5万か所を超えるコンビニ店舗において、曜日や時間帯を問わず国税の納付が可能となっている。

出典:国税庁(事務年報)