酒類の地理的表示制度

酒類の地理的表示(GI:Geographical Indication)制度とは、「酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律」第86条の6を根拠とする「酒類の地理的表示に関する表示基準」(平成27年10月国税庁告示第19号)に基づき、ある特定の産地に特徴的な原料や製法などによって作られた商品だけが、その産地(地域ブランド)を独占的に名乗ることができる制度である。

出典:国税庁(事務年報)