相続税の物納制度

相続税については、一定の要件に該当した場合に相続財産による物納が認められている。
物納が認められるためには、1 延納によっても金銭で納付することを困難とする事由があること、2 申請財産が定められた種類の財産であり、かつ、定められた順位によっていること、3 納期限までに又は納付すべき日に申請書及び物納手続関係書類を提出していること、4 物納適格財産であること、といういずれの要件にも該当することを要し、その納付を困難とする金額の範囲内で認められる。なお、物納が許可された場合には、物納申請者において書類の整備を行っていた期間等について利子税が課される。

出典:国税庁(事務年報)