持続可能な開発目標

平成27(2015)年9月の国連総会において全会一致で採択された、2030年を期限とする国際社会が実現すべき開発目標。内容としては、飢餓や貧困の撲滅、経済成長と雇用、気候変動など包括的な17の目標を設定。法的な拘束力はなく、各国の状況に応じた自主的な対応が求められる。

我が国では、平成28(2016)年5月に、SDGsの実施のために閣議決定で「SDGs推進本部」を設置し、同年12月にSDGs実施のための我が国のビジョンや優先課題、国内外における具体的施策、フォローアップ方法などを掲げた「SDGs実施指針」を同本部で決定した。

出典:平成28年度 食料・農業・農村の動向(農林水産省)