食品トレーサビリティ

国際的には、「生産、加工及び流通の特定の一つ又は複数の段階を通じて、食品の移動を把握できること」と定義されている(コーデックス2004)。具体的には、食品の移動ルートが把握できるよう、生産、加工、流通等の各段階で食品の入荷と出荷に関する記録等を作成・保存しておくこと

出典:平成28年度 食料・農業・農村の動向(農林水産省)