直播栽培

稲の種籾(もみ)を直接田に播種(はしゅ)する栽培方法で、慣行栽培(移植栽培)で必要な育苗や移植の作業を省略できる。播種の仕方等により様々な方法があるが、大別すると、耕起・代かき後の水を張った水田に播種する湛水直播(ちょくはん)栽培と、水を張っていない状態の田に播種する乾田直播(ちょくはん)栽培がある。

出典:平成28年度 食料・農業・農村の動向(農林水産省)