和食;日本人の伝統的な食文化

平成25(2013)年12月、「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコの無形文化遺産に登録された。この「和食」は、「自然の尊重」という日本人の精神を体現した食に関する「社会的慣習」であり、<1>新鮮で多様な食材とその持ち味の尊重、<2>健康的な食生活を支える栄養バランス、<3>自然の美しさや季節の移ろいを表現した盛りつけ、<4>正月行事などの年中行事との関わりという特徴を持つ。日本人全体が担い手としてその保護・継承を推進することとしている。

出典:平成28年度 食料・農業・農村の動向(農林水産省)