在留資格

入管法2 条の2、別表第1、第2 の表に規定。入管法2条の2第1項により本邦に在留する外国人は、入管法及び他の法律に特別の規定のある場合を除き、上陸許可もしくは取得にかかる在留資格、または、それらの変更にかかる在留資格をもって在留するものとされる。
在留資格に応じての活動・身分もしくは地位を有する者としての活動を行うとして、在留資格により在留期間が定められる。入管法と別表で在留資格を明らかにし、入国審査官による外国人の上陸申請の審査において、本邦での活動・期間等が条件に適合するかの基準についての省令を設け、各在留資格の内容を具体的に公示している。

出典:内閣府経済社会総合研究所