在留資格の変更

入管法20 条に規定。ある在留資格で日本に滞在している外国人が、在留資格の基礎となった活動を中止したり、基礎となった身分・地位を喪失した場合、従来の在留資格を失い、日本から出国しなければならなくなる。そこで、新たな活動・地位・身分を要件とする在留資格に変更しうるかが問題となるが、在留資格を有していない外国人には在留資格変更の申請権はなく、外国人から在留資格の変更申請がなされたとしても、法務大臣にはこれに対応する応答義務はない、とされている。

出典:内閣府経済社会総合研究所