上陸特別許可

入管法12 条1 項に規定。法務大臣は、上陸審査について異議の申出が理由がないと認める場合でも、再入国の許可を受けているとき、人身取引等により他人の支配下に置かれて本邦に入ったものであるとき、その他法務大臣が特別に上陸を許可すべき事情があると認めるときは、その者の上陸を特別に許可することができる。

出典:内閣府経済社会総合研究所