テオ・ファン・ゴッホ暗殺事件(オランダ)

2004年11月、アムステルダム市内で、オランダ人監督テオ・ファン・ゴッホが、オランダ生まれのモロッコ人ハメッド・ブーイェリ(イスラム教急進派テロリストで二重国籍者)によって殺害された事件。殺害方法が残忍かつ衝撃的であるため、特に、外国人との共生、多文化社会に対する「疑念」を引き起こす等、全世界的に大きな影響を与えた。オランダの移民政策にも影響をあたえたという。

出典:内閣府経済社会総合研究所