二重国籍

例えば、生地主義のアメリカ等ではその国で生まれたことにより国籍が与えられ、二重国籍となってしまう。日本では国籍留保主義をとり、出生届と同時に国籍留保の届出をしないと、生まれた時に遡って日本の国籍を失う(国籍法14条以下)。二重国籍の子どもの出生届は、届書の「日本国籍を留保する欄」に届出人である父または母が必ず署名押印して、日本の国籍を留保する意思を表示しなければならないが、日本の国籍のみを取得する子どもの出生届には国籍留保の必要はない。重国籍となった時が20 歳未満である場合は22 歳に達するまでに、重国籍となった時が20 歳以上である場合には重国籍となった時から2年以内に国籍の選択をしなければならない。国籍の選択をせずに期限が到達すると、日本国籍を選択し且つ外国国籍を放棄する宣言をしたとみなされる。
日本国籍を選択する場合には、市区町村役場または大使館・領事館に外国国籍喪失の届出をする。一方、外国国籍を選択する場合には、法務局・地方法務局の長または大使館・領事館に、戸籍謄本・住所を証明する書面・外国籍を有することを証明する書面を添付し、国籍離脱の届出をする。そして当該外国の法令によって、市区町村役場または大使館・領事館に国籍喪失の届出をする。

出典:内閣府経済社会総合研究所