不法就労活動

まず、入管法70 条1項4 号に該当する場合を除き、第19 条第1項の規定に違反した収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動のことを言う。次に、永住者は除き、在留期間の制限を越えて期間の更新なしに在留する場合、不法残留者となって行う報酬その他の収入を伴う活動のことも指す。不法就労者のうち最も多いと推計されるのはこの不法残留者の就労活動である。最後に、不法入国・上陸者が行う報酬その他の収入を伴う活動を指す。

出典:内閣府経済社会総合研究所