対称変化率

分母を前月と当月の平均値とした変化率。CIの算出時に用いる。各採用系列の対称変化率を合成したものが、CIの変化率の基礎となる。

出典:内閣府