外れ値処理

CIの算出において、変化率の「外れ値」を判定し、より小さな変化率に置き換える処置。これによって、「外れ値」が存在した場合でも安定的にCIを算出できる。変化率の大きさが閾値×四分位範囲を超える場合、「外れ値」と判定され、閾値×四分位範囲に置き換えられる。CIの算出はいわゆるウィンザー化平均に近い手法をとっている。

出典:内閣府