主要耐久消費財等の保有及び買替え状況

(1) 普及・保有状況

  • 耐久消費財等22品目について、調査年度末(3月末)における保有数量を記入してもらい、普及率及び保有数量を示したものである。
  • 普及率は、1世帯で複数台保有していても1台としてカウントして、各属性区分ごとに合計し、その区分における集計世帯数で除した結果に100.0を乗じた値である。
  • 保有数量(100世帯あたり)は、1世帯で保有している台数すべてをカウントして、各属性区分ごとに合計し、その区分における集計世帯数で除した結果に100.0を乗じた値である。
  • 調査品目
    温水洗浄便座、洗髪洗面化粧台、システムキッチン、温水器、衣類乾燥機(洗濯機一体型、その他(浴室乾燥機も含む))、食器洗い機、ファンヒーター、ルームエアコン、空気清浄機、カラーテレビ(薄型(液晶、プラズマ等))、光ディスクプレーヤー・レコーダー(DVD(プレーヤー・レコーダー)、ブルーレイ(プレーヤー・レコーダー))、ビデオカメラ、デジタルカメラ、パソコン、タブレット型端末、ファクシミリ、携帯電話(スマートフォン、スマートフォン以外)、乗用車(新車で購入したもの、中古車で購入したもの)

(2) 買替え状況

  • 耐久消費財11品目について、調査年度に買替えた場合、買替え前に使っていたものの使用年数と買替えた理由を回答してもらい、品目別の平均使用年数と買替え理由の回答区分別回答割合を示したものである。
  • 「買替え」とは、既存のものを処分して新たに代替使用するために購入した場合をいう。それまで持っていなかった品目を新たに購入した場合や買い増しした場合(既存のものを処分していない場合)は「買替え」に含めない。
  • 平均使用年数は、「買替えをした世帯」のみの平均である。
  • 調査品目
    電気冷蔵庫、電気洗濯機、電気掃除機、ルームエアコン、カラーテレビ、ビデオカメラ、デジタルカメラ、パソコン、光ディスクプレーヤー・レコーダー、携帯電話、乗用車(新車)
    (注)「乗用車(新車)」は、新車から新車または中古車に買替えた場合。

出典:内閣府