一般政府内の経常移転

Current Transfers Within General Government

一般政府内の経常移転は、一般政府の内訳部門(中央政府、地方政府、社会保障基金)の間の経常移転を指す。所得の第2次分配勘定において、受取側、支払側ともに一般政府にのみ記録され、受取、支払ともに同額が計上される。また、フロー編の付表6-1「一般政府の部門別勘定」においては、中央政府、地方政府、社会保障基金ごとに他の内訳部門に対する、あるいは他の内訳部門からの経常移転が記録されるととともに、どの内訳部門からどの内訳部門への経常移転がどの程度あるのか、というマトリクス形式でも計数を記録している。なお、受取側の総固定資本形成に用いられる資金の移転等は、資本移転として扱い、付表6-1において同様に記録している。

出典:内閣府